3年賃貸組マンション先生
3年賃貸組マンション先生トップページへ行く

一時間目・不動産選び

物件のチェックポイント

 

 

チェックポイント

不動産業者選びのポイントを押さえたら、次はマンションを選ぶ際のコツとチェックポイントについてです。

事前にポイントを絞る

 賃貸物件の数は私たちが思っている以上にたくさんあります。「家賃が5万円以内であればどこでもいい」「駅から徒歩10分圏内で」など、条件が少ないと逆に見つかりにくい場合があります。家賃や契約時に必要な費用、場所、間取りなど事前にポイントをまとめてから不動産会社を訪ね、物件探しに臨むと良いでしょう。


自分の目で確認

■物件の下見
物件の下見

 インターネットの普及や不動産情報誌の充実により、物件の情報は入手しやすくなっています。しかし、日当たりや周囲の環境、騒音などは実際に足を運んでみなければわかりません。自分の目で物件を確認することが基本です。
実際に足を運ぶことができない場合は、詳細を不動産会社に問い合わせることが大切です。間取りや物件周辺の地図、契約条件など、できるだけ詳細な情報を手に入れるようにしましょう。

入居者が部屋を引き払うのは3月末でも、2月中旬の時点で不動産会社には情報がほとんど入っています。


■物件の下見の前に

下見に行く前に不動産会社に連絡を入れ、下見の予約をしましょう。土日は混み合うので予約している人が優先となります。下見の時に持っていくと便利なグッズを紹介します。

メジャー … 家具を置きたい場所などを採寸するのに使います。

ビー玉 … 床の水平を確認するのに使います。

方位磁石 … 部屋の向き、窓の向きなどを確認できます。

■下見の時のチェックポイント

下見の際には間取り図だけではわからないところを主にチェックしましょう。コンセントの位置、数や日当たり、管理状況や周辺の施設のチェックなどをしましょう。また昼と夜とでは全く雰囲気が変わってしまうこともあります。できれば下見は2回、違う時間帯にしておきましょう。不明な点は不動産屋さんに質問しましょう。

3年賃貸組マンション先生
Copyright (C) 2008 3年賃貸組マンション先生. All Rights Reserved